売上上位のカテゴリーと2017年9月売上分析

2017年9月の売上をカテゴリー別の特徴を見ながら読み解いてみます。ぜひ、作品作りのテーマと被写体を選ぶ際の参考にしてください。

2017年9月カテゴリー別売上

2017年9月の売上をカテゴリー別に集計した結果は以下のとおりです。
2017年9月の売上枚数上位は、「人物」「食べ物」「イラスト・CG」「ライフスタイル」の4つのカテゴリーが占めています。

9月の特徴の1つに、サイズが大きい比較的高価格帯の画像の購入が多かったです。

 

カテゴリー売上TOP3の紹介

人物、食べ物、イラスト・CGのTOP3のカテゴリーの中から実際に売れた画像で代表的なものを6枚ずつ選びました。

人物

今月の学生は勉強をしているシーンが多く選ばれていました。また、複数人がより選ばれる傾向にある中、各年代で1人、2人の少人数の画像が目立っていました。

 

食べ物

鍋料理を筆頭に温かい料理が多くなってきました。あいかわらず肉や刺し身も注目されていますが、今月は特に葡萄や柿、みかんなど果物が多く買われていました。

 

イラスト・CG

各種色々なジャンルの画像が売れている中、科学・医療系の人体モデル、定番の光や曲線を使ったバックグラウンド、家族、季節の風景が好まれていました。

 

「9月に売れるテーマはこれだ!」との関係

2017年6月に公開した「9月に売れるテーマはこれだ!」と実際の売上を比較してみました。

  1. ビジネスイメージ
  2. 3人以上のチームや働き方改革につながるようなイメージ、定番のオペレーターなど幅広く求められています。
    →オペレーターやプレゼン、ミーティングを思わせるものが選ばれやすい傾向が続いています。


  3. シニア
  4. 9月には敬老の日もあることなどから、シニアの需要が高くなっています。
    →全体に占めるシニアの画像の割合は9%でした。これは8月の11%よりも2ポイントほど低くなっており、予想とは異なっていました。医療・健康に関わるイメージが少なかったです。

    行楽や趣味を楽しむイメージ

    医療・健康に関わるイメージ


  5. 美容
  6. 特にフェイスケアイメージが多くなっています。その他、健康的な食品を摂取するイメージだったり、ヨガやサイクリングで体を動かすイメージだったりが動いています。
    →フェイスケアイメージは多かったものの、積極的に体を動かすイメージがそれほど多くはありませんでした。


  7. 紅葉と行楽
  8. 国内の紅葉がきれいな風景や紅葉狩りを楽しむ様子など、秋の定番イメージにももちろん人気があります。
    →紅葉で有名な観光地が選ばれるかと期待していたのですが、ほとんどは「紅葉のイメージ画像」でした。

 

検索キーワード

2017年9月に検索されたキーワード上位10語です。

  1. バースデーケーキ
  2. 生花
  3. 体育座り
  4. 獅子舞
  5. クリスマスリース
  6. ショートケーキ
  7. サンマ
  8. マグロ
  9. エステ

 

Ads by Google

関連する記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
売上上位のカテゴリーと2017年9月売上分析