売上上位のカテゴリーと2018年5月売上分析

2018年5月の売上をカテゴリー別の特徴を見ながら読み解いてみます。ぜひ、作品作りのテーマと被写体を選ぶ際の参考にしてください。

 

2018年5月カテゴリー別売上

2018年5月の売上をカテゴリー別に集計した結果は以下のとおりです。

2018年5月の売上枚数上位は、「人物」「イラスト・CG」「ライフスタイル」「食べ物」の4つのカテゴリーが占めています。

 

カテゴリー売上TOP3の紹介

人物、イラスト・CG、ライフスタイルのTOP3のカテゴリーの中から実際に売れた画像で代表的なものを6枚ずつ選びました。

人物

今月の注目は、働く女性、ウェディング、供(赤ちゃん)の3点です。一つ目の働く女性の中は、これまでも人気があった医療従事者の他に現場系、ファッション系が散見されたのがこれまでとの違いでした。二つ目のウェディングは、洋装と和装が半々に売れていたのが特徴的でした。三つ目の子供(赤ちゃん)は、乳児から低学年までの年齢層の写真が売れていました。

 

イラスト・CG

水彩画のような淡い色彩の植物画、多人数もしくはバリエーションがワンセットになった人物画、バックグランド系のCGが売れ筋でした。5月は医療系のCGは少なめでした。

 

ライフスタイル

ライフスタイルでは、一般的なマンション一室などのインテリア、ウエストやおしりに焦点を当てたエステ・ダイエットイメージと、育児・赤ちゃんが注目されていました。

 

「5月に売れるテーマはこれだ!」との関係

2017年2月に公開した「5月に売れるテーマはこれだ!」と実際の売上を比較してみました。

  1. 学校生活
    教室で授業を受けるシーンを中心に登下校や掃除などの学校生活のイメージを伝える画像がよく売れています。
    → 予想とは異なり、授業中以外は、あまり具体的ではない学生イメージを表現したイメージ写真が多く売れていました。
  2.  

  3. 夏(夏休み)
    子供や若者が、夏(夏休み)を楽しむ画像が注目を集めています。その他、沖縄など南国の海も選ばれています。
    → スイカやかき氷といった夏の風物詩の画像に比べて、人物が「夏を楽しむ」画像は、あまり多く売れていませんでした。
  4.  

  5. 家族連れが人気
    人物カテゴリーの中でも家族がとても多く、屋外でのレジャーを楽しむ「家族連れ」のイメージがよく売れます。
    → 行楽そのものの画像が多くない上に、家族で出かけるシーンも少なめでした。

 

検索キーワード

2018年5月に検索されたキーワード上位10語です。

  1. 金魚
  2. バーベキュー
  3. アサガオ
  4. エステ
  5. カーネーション
  6. スミレ
  7. 交通事故
  8. カサブランカ【ユリ】
  9. いのしし
  10. ショートケーキ

 

Ads by Google

関連する記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
売上上位のカテゴリーと2018年5月売上分析