長崎の教会群とキリスト教関連遺産を募集しています

長崎県が平成28年度の正式登録を目指している「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の素材を募集しています。

長崎の教会群とキリスト教関連遺産について|長崎の教会群とキリスト教関連遺産

※ 残念なニュース( 世界文化遺産:長崎教会群に不備 夏の登録、延期可能性 – 毎日新聞 )がありましたが、作品の募集は継続しています。
 

世界遺産候補構成資産

世界遺産の候補となっている建物などは次のとおりです。

  1. 大浦天主堂と関連施設
  2. 出津教会堂と関連施設
  3. 大野教会堂
  4. 日野江城跡
  5. 原城跡
  6. 黒島天主堂
  7. 田平天主堂
  8. 平戸の聖地と集落(春日集落と安満岳)
    平戸の聖地と集落(中江ノ島)
  9. 野崎島の野首・舟森集落跡
  10. 頭ヶ島天主堂
  11. 旧五輪教会堂
  12. 江上天主堂
  13. 天草の﨑津集落
田平天主堂
田平天主堂

YOURSTOCKimagenaviとも取り扱いがとても少ないのが現状です。
構成資産の紹介|長崎の教会群とキリスト教関連遺産

撮影の参考になるホームページ
長崎の教会群とキリスト教関連遺産

 

2018年の世界文化遺産登録を目指す方針に

2016年7月25日に国の文化審議会は、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」を2018年の世界遺産登録を目指し推薦することを決めてています。

名称や対象となる建物、地域が変更になるようです。

第40回世界遺産委員会は、7月10日から20日までの予定でトルコのイスタンブールで開催されます。一番注目を集めるのは、決定の直前直後だと思われます。

このタイミングに間に合うアップロードの目安は、5月末までです。また、登録時には上記13の候補にそったキーワードと「世界遺産候補」を記入してください。

皆様からの素敵な作品をお待ちしております!

関連する記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
【作品募集】長崎の教会群とキリスト教関連遺産